スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会うからだ 4 触れる 私の経験

竹内敏晴氏のレッスンを受けているときの事でした。
二人組になって、一人はうつぶせで床に寝ています。
私はその横に座って、ただ、相手の背中に手を当てていました。
手のひらからは相手の息づかいが感じられます。
静かだけれど深くゆっくりとしたリズムの呼吸が手のひらを通して伝わって来ます。
相手の温かさも伝わってきます。
温かさは徐々に高まり、私の手のひらと相手の背中のその部分が相手の衣服を通しても、
どんどんと熱くなっていくような感じです。
その温かさは手のひらを通して私の手首、肘、肩、首、背中へと広がっていくのも感じられました。

同じように二人組になって何組かが部屋の中にいます。

しかし、その存在が無いかのような静けさが、空間全体を包んでいくのが伝わって来ます。
私自身の呼吸も深く静かになり、触れている手のひらがかすかに汗ばんできているのに気づいていました。
私は目を閉じ、ただ、そこにいました。
手のひらを通して相手に触れたままで。
私は、どれぐらい時間が過ぎたのかも次第に解らなくなってきました。
時間の流れというものへの興味がほとんど消えたのでしょう。
 そんなときです。不思議な感覚に包まれました。
私の手のひらが相手の背中の中に入り込んで、一つになっている。
私の皮膚と相手の皮膚が溶けて融合している。
二人だけれど一人。一人だけれど二人。

そんな、非常に不思議な感覚です。物理的には私と相手の背中の皮膚の間には、服の布があります。
布が私と相手をしっかり分けている境界の役目を果たしています。
ですが、この解け合うような感覚は私にとってとてもリアルなものでした。

 「そろそろ、ゆっくりと手のひらを離してください。ゆっくりと時間をかけて。」
と、竹内さんの声が響きました。
そのことばで、私の感覚はその空間全体に徐々に引き戻されました。
そして、時間をかけゆっくりと手のひらを手首の方から指先の方向に持ち上げるように離していきました。最後の中指と薬指の指先が相手から離れる瞬間、涙がこぼれました。部地理的には離れても、
しばらくはまだ繋がっているような感覚が指先を通して感じられました。
手のひらが私の太ももの上にやっと、本当にやっと戻ってきました。

 お互いの経験をシェアしました。私に起きたことを率直に相手に伝えました。
すると、相手もほぼ私と同じような経験をしていたことが解り、お互いに驚きました。相手は
 「定行さんの手のひらが、膨らんで、私のからだの中に少し入り込んできた映像が見えた。」
と言っていました。
 二人の経験を全体の場で話しました。
竹内さんは次のようなことをたぶん、話してくれました。
 「同じような経験の報告を何度も聞いたことがある。相手のからだの中に手のひらが入り込むという事は、物理的にはありえないことです。だけど、経験としては起きている。なぜそうなのか。どうしてそうなるのか。ということはとりあえず脇に置いてほしい。ただ、定行君達はその経験をした。そして、共有した。それだけでいい。」
と。

 マルティン・ブーバーは、

自分と他者や外界との関係性について二つあると言っています。
一つは「我ーそれ」の関係。他者や外にあるものを分類し、分析し観察の対象として見る関係性です。
もう一つは「我ー汝」の関係。他者や外界にあるものとの境界が無くなり、直接的に、自分の中に入り込んでくる。出会うという関係です。科学や社会の発展には「我ーそれ」の関係は非常に大切だけれど、人間はそれだけでは生きてはいけない。
非常に感覚的に直接出会う「我ー汝」の関係も必要だと。
 
 私は、さっきの触れるレッスンの中で、
ある瞬間に出会ったのだと思っています。だから私のからだに大きな変化が起きた。

うまくことばにはならなかったけれど、離れる瞬間に涙があふれたのでしょう。
スポンサーサイト

出会うからだ 3 触れる 接触 タッチ

「触れる」という行為は、人と人とが出会う基本的な部分です。

赤ちゃんが親に抱かれて、安心する。
恋人同士が手を握りあう事でことば以上のものがお互いに通じ合う。
泣いている子どもの頬を包み込むように手で触れることで、泣き止んでいく。
出会いや別れの挨拶の時にハグをする。

など数え上げられないほどたくさんの接触が私たちの回りでは行われています。
けがを負った人や病気の人に治療する行為を「手当する」と、表現する日本語がありますが、このことば通り、手を相手に当てる、触れることが治療として行われています。
 触れる事を通して、
人は人と繋がる感覚を得たり、 
共に一緒にいる感覚を敏感にしていきます。
そして、安心感がからだに広がり、深くゆっくりとした呼吸に変化し、
からだの力が抜けるなどの変化がからだに起きてきます。

出会うからだ 2 からだの機能

私たち人間は進化の過程で様々な機能を獲得し、現在に至っています。 
 それは、生存するために必要なことを進化の過程で身に付けてきたともいえます。からだの機能について、アメリカの細胞生物学者ブルース・リプトンは、【「成長・増殖」と「防衛」という二種類の反応に大別される。】と述べています。(※1)これは、人間という種が成長し増えていくために必要な機能と、種を守るための機能の二つに大きく分けることができるというものです。
 
 その一つ「成長・増殖」ということを、私の経験から別の言い方をすれば【出会うからだ】と言うほうがぴったりときます。
 
 私たち人間は、出会うことで成長していきます。恋に落ちて、愛し合い、親密な関係を築いていく出会いもあります。雄大な自然に接し、包み込まれるような感覚の中で、身もこころも洗われる経験をもつこともあります。これも出会う事の一つです。思いもよらないような自分自身に気づき嬉しくなったり、驚いたりする経験もあります。これもまた、一つの出会いです。言い換えれば、【他者に出会う】【環境に出会う】【自分自身に出会う】という3つのレベルの出会いがあると私は考えています。さらに、時間や空間を超越して霊的なものに出会うというレベルもあるでしょう。
 
このような出会いに大きく関わるのが【からだ】です。感じるという人間がもっている機能です。
他者を分析し、
分類し、
自分に適合する性格と合わない性格や部分に細分化して、
それぞれにポイントを与え、
数値化し、
数値が高いから、その人を愛する。
なんてことは、ありえません。

自然の中で、自然と一体化している自分に気づくときがあります。
その際も、自分の周囲の自然を分析したり分類したりする作業を私たちは行いません。

直感的に、からだの奥底から自然とつながる感覚がからだを駆け抜けるのです。

自分自身をある程度は客観的に見つめ、自分自身を分析することはできます。しかし、それには限界があります。どれだけ自分自身を分析して、その結果から次の行動を決めようとしても、そうは出来ない場合がたくさんあります。
 
分析・分類などの作業は主に思考が担います。
人類の科学の発展に欠かせない部分です。
だけれど、思考だけではありません。

人間には感じるこころ、感覚、感情があります。
これらは主としてからだが担う機能です。そして、からだで感じることを通して出会っていきます。
 このような意味を込めて私はあえて「出会うからだ
ということばで、からだについて、出会うということについて、少しずつ書き進めていこうと思います。

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

はじめまして

はじめまして。

定行俊彰です。


ゲシュタルトセラピーを学び始めてずいぶんと時間が過ぎました。

そして、今では

今まで学んだことをいろいろな方達に

伝えていこうと考えるようになりました。

今、感じていること

今、考えていること

そんなことを少しずつ少しずつ

書いていこうと思います。

よろしくお願いします。

出会うからだ 1 からだとはなんだろう

「からだ」とは何だろう。
赤ちゃんは自分のからだという意識は持っていません。からだがあるという感覚も未発達です。
仰向けに寝転んで、まるでおもちゃを扱うように自分の足で遊ぶ姿を見ることがあります。
なめたり触ったりしながら遊んでいます。そうして、遊びを通して、足が自分のものであることに気づいていきます。なめることや自ら触ることで皮膚感覚を高め、足が自分のからだの一部であることを認識していきます。
 そうして、成長とともに自分自身のからだについて意識したり感じたりすることが増えていきます。
背が伸びたとき。
病気をしたとき。
けがをしたとき。
おなかが痛いとき。
これらの場合は非常に自分自身のからだについて意識します。
そのたびに、からだというものが自分の思い通りにならないもどかしさを感じるものです。

「おなかが痛いの、治れ。」と自分で言ってみても、そうはなりません。骨折をすると、治る時間の長さに、嫌気がさすこともあります。

私自身も小学校2年生の時に左の鎖骨を骨折しました。夏の暑い時期に2ヶ月間ギブスの生活でした。動かない。かゆい。遊べない。運動が出来ない。風呂には入れない。など、本当にイライラする時間を過ごしたことを今でも覚えています。

運動を継続して行い、その運動に適したからだの動きを身に付け、運動能力が向上していくときには、喜びも感じます。高齢になると、からだがなかなか言うことをきかなくなります。意識ははっきりしているのに、からだが昔のように動かないもどかしさをあらゆる時に感じるようになります。
 
 このように、人間はからだとともに生まれ、からだとともに成長し、日常を生きていきます。からだは私たち人間にとって非常に重要なものに違いはないのです。そして、時に思い通りにならないからだは、私たちに「からだって何だろう。」という思いを、問いを生まれさせてくれます

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

プロフィール

定行 俊彰

Author:定行 俊彰
ゲシュタルト療法のファシリテーターとして活動しています。からだとこころのつながりに妙味があり、「からだの声に耳を澄ます」ボディワークを展開中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ちあきのあったかコミュニケーション

ゲシュタルトセラピー in NAGOYA
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。